あそこの臭い対策

彼氏と長続き

彼氏が出来ても長続きしない原因。
実は、
ほとんどが臭いだったんです。

 

 

 

ニオイの原因とは?

 




 

 

どうすれば臭わないの?

 

デリケートな臭いケアは石鹸+日常のケアが大切です!

 

そこで、24時間99%の消臭効果が実証されている薬用成分、IPMPを配合したインナーブランがあそこの臭いの悩みを解消してくれます。

インナーブランの凄さとは?


@消臭殺菌成分IPMP
デリケートゾーンにも使える低刺激のIPMPは、体臭の主な原因となるイソ吉草酸やアンモニア、酢酸といった悪臭成分に対して99%〜89%もの消臭率を誇ります。さらに、消臭効果が24時間持続することも検査機関において実証されています。

A6種類のジャムウ成分
ジャムウとは、1000年以上も昔からインドネシアに伝わる民間伝承の植物成分です。インナーブランでは、デリケートゾーンにも使える優しい成分とパワーのバランスを考えて、茶エキス、カンゾウ、白樺、イチョウなど、6種類ものジャムウ成分を贅沢に配合しています。

B7つの無添加
まぶたよりも薄い表皮のデリケートゾーンだからこそ、徹底的にこだわっています。効果が認められた医薬部外品認定はもちろんのこと、7つの無添加として、紫外線吸収剤、酸化防止剤、サルフェート(硫酸鉛)、鉱物油、シリコン、合成着色料、パラベンのすべてを排除しています。

 

インスタでも人気があり、大勢の方が紹介しています。

インナーブランの販売店は?

インナーブランは、楽天やアマゾン、大手ドラッグストアやスーパーなどでは、取り扱っていないようです。

 

購入できるのは、公式サイトのみのようです。

 

インナーブラン

 

お得なコースだと9,800円が4,900円で購入できます。

全額返金保証つきなので安心ですね!

 

私の臭い対策

相談しにくいデリケートゾーンの悩み

 

私はもともと体臭がきつく、肌の弱い体質で、デリケートゾーンのニオイやかゆみ、かぶれなどに悩まされています。

 

特にトラブルが頻発するのが夏。ロングスカートなどを履いても、一日の終わりには近くの人にデリケートゾーンのニオイが伝わっていないか不安になります。

 

夏にデートする際は、ニオイが不安で本当に気が気じゃありません。

 

汗で悪化させないためにたまにスカートをぱさぱさと翻して空気を入れ替えるのですが、ニオイが拡がってしまうのが怖くてあまり大っぴらにもできません。

 

ニオイを最低限に防ぐため、特に心がけているのはパンティライナーをこまめに付け替えることです。

 

2.3時間に1度、用を足すついでに交換すれば体液を吸ってくれていくらかニオイも軽減されますし、荷物的にもそんなにかさ張らないです。

 

また、生理時にナプキンや血液でかぶれたり、摩擦からかできものができたりのトラブルも有ります。

 

かぶれからくる痛みや、かゆみのせいで歩き方が不自然になってしまったりも。

 

生理明けに行為に及ぶ際はかぶれの痕が気になるため、治るまでいつも数日待ったりしなければいけません。

 

また、できものができたまま行為に及んで、できものが擦れる度に少し痛くて困りました。

 

かぶれに対しては、生理が終わり次第風呂上りに市販のフェミニーナ軟膏を塗布するようにしています。

 

ニオイに関して、最近インスタで人気のあったインナーブランを購入して使用するようになってから気にならなくなりました。

デリケートゾーンのニオイで困った体験談

皆さん、どんな時にデリケートゾーンのニオイで困っているか体験談を教えてもらいました。
女性

 

悩む女性

 

デリケートゾーンのにおい対策で焦った出来事

 

少し汚い話なのですが、これは、私が過去最大にデリケートゾーンのにおい対策で焦った時の話です。

 

当時、私は第一子を妊娠中でした。

 

妊娠中は、定期的に妊婦健診を受けることが必要ですが、その妊婦健診に付きものなのが、「経膣エコー」という検査(特に妊娠初期)です。

 

経膣エコーとは、その名の通り、膣からカメラのようなもの(エコー)を入れ、子宮内の赤ちゃんの様子等を確認する検査なのですが、検査中には当然のごとく、医師に対してデリケートゾーンをあらわにしなくてはなりません。

 

私は、元々、妊娠前からデリケートゾーンのにおいにコンプレックスがあったので、いくら「相手は医師で、診察のためにやってるんだ!」と思っても、毎回とても恥ずかしく感じていました。

 

なので、せめてものエチケットというか対策として、いつも妊婦健診がある日には、朝からシャワーで洗い、トイレの度にウォッシュレットを使用し、健診直前にはデリケートゾーン用の拭き取りシートで綺麗にするようにしていました。

 

しかし、ある日の妊婦健診では、普段の経膣エコーの前に、「糖負荷試験」という、いつもとは違った検査を受けることになっていました。

 

そして、その検査では、大量の甘いサイダーを飲む必要があり、苦しい思いをしながらも、なんとか飲みきったのですが、直後に身体に異変が...!

 

なんと、大量のサイダーが腸を刺激したのか、飲んだ直後に、お腹を下してしまったのです。正直、かなり焦りました。

 

とりあえず、その時は、トイレのウォッシュレットと、常に持ち歩いていたデリケートゾーン用の拭き取りシートで乗りきりましたが、「絶対、臭っただろうな...。」と思います。

 

今でも、「(妊婦健診に限らず、)産婦人科で診察を受ける時には、皆どうやって対策をしているんだろう?」と疑問に思っています。

 

もう二度とこんなハプニングは起こらないと思いたいですが、普段からのコンプレックスを解消できたら...と改めて感じた出来事でした。

 

悩む女性

 

デリケートゾーンの臭いのトラブル

 

私は、生理前後にデリケートゾーンの臭いがどうしても強くなってしまいます。

 

そのため、下着越しであっても時折強い臭いを発している時があり悩んでいました。

 

特におりものが出ていると強い刺激臭が出るため、小まめにウォシュレットを活用していました。

 

しかし、特に症状は改善されませんでした。

 

ウォシュレットで臭いの原因になるおりものを洗い落としたとしても、すぐにまだおりものが出てしまうので一時的な応急処置にしかなりませんでした。

 

そこで、私が思い付いたデリケートゾーンの臭いの対処法は毛の処理を行う事です。

 

デリケートゾーンの臭いが強くなる原因は、汗や体液などによって蒸れる事です。

 

蒸れると雑菌が急速に増えてしまうため悪臭を放ってしまうのです。

 

そして、毛は最も雑菌を増やす原因なのです。

 

なので私は下半身の通気性を改善する事で、デリケートゾーンの強い臭いを軽減出来ると考えました。

 

それには、下半身の毛を剃る事で解決に近付くと考えました。

 

実際に下半身の毛を処理したところ、汗の量も少なくなり体液と混ざって蒸れた状態になる事は無くなりました。

 

ウォシュレットで定期的に下半身を清潔にする事も並行して続けていました。

 

すると、段々とデリケートゾーンの臭いが気にならなくなりました。

 

悩む女性

 

デリケートゾーンの臭いに敏感になってしまう自分。

 

私はここ2〜3年前から、デリケートゾーンの嫌な臭いに嫌気がさす事がありました。

 

一番最初に自分のデリケートゾーンの臭いが酷いと感じたのは、生理の終わり頃に便秘で悩まれて、暫くトイレに中に居た時に、自分のデリケートゾーンが飛んでも無い臭いがしていると言う事に気がついたのです。

 

何?この臭いは・・と、自分で自分のデリケートゾーンの生臭さにびっくりとしたのです。

 

また、生臭さと同時に用を足した後(小便)の臭いにも驚かされました。

 

それまで、自分のデリケートゾーンの臭いのことを深く考えた事も、そこまでの嫌な臭いを嗅いだ事もなかったので、その日を境に、デリケートゾーンの臭いに敏感になりました。

 

色々と自分の臭いを嗅いでいく中で、やはり生理の終わり時が一番臭いことと、梅雨時の湿気が多い時期も臭い事が分りました。

 

しかし、生理中でもなくて、もしかしたら自分のデリケートゾーンが臭いのではないかと?友人の家に泊まりに行ったり、一緒に旅行をすて、同じトイレや浴室を使う事が不安になりました。

 

それくらに自分自身のデリケートゾーンの臭いには今でも敏感です。

 

最近はデリケートゾーン用のソープを購入して、何とか生理時にも匂わせない様に必死です。

クラミジアの原因と症状と対処法

 

クラミジアの原因は、性交渉です。
すでにクラミジアの人と性行為を行うと、50%の確率で感染するとされています。
感染力が高い特徴があるので、感染力を防ぐなら不特定多数の相手と性行為を行わないことが大切です。
また定期的に検査を受けたり初期症状がないか確認するのも、パートナーにクラミジアをうつさないために重要です。
クラミジアは自覚症状がほとんどなく、感染していても気付かない人も少なくありません。
しかし女性ならオリモノに異常を感じたり不正出血をしたり、性行為の最中に痛みを感じたるようになります。
男性なら排尿や射精のときに痛みを感じたり陰部に違和感があるので、少しでも症状に気付いたらクラミジアを疑ってみましょう。

 

トリコモナス膣炎の原因と症状と対処法
トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という原虫が膣内に寄生することで起こる性病です。多くの場合、男性の尿道や精液などにいる原虫が性交渉によって女性の膣に移ることで怒りますが、男性にはあまり症状が出ないため女性によって双方の病気が発覚することが多くなっています。

 

治療のポイントとしては、婦人科などで内服薬をもらって服用をして原虫を除去しますがこの時男性も同時に治療を開始しないと、お互いが感染させ合うということになりますので必ずパートナーと一緒に治療を行うことが重要です。内服薬を使った治療を行って、一定期間の服用を終えたら再度原虫がいないかの確認をして完治しているかの確認をします。早期の治療が、効果的です。

 

萎縮性膣炎の原因と症状と対処法
萎縮性膣炎には、老人性膣炎という別名もあります。主に閉経後や更年期中の女性がかかることが多い病気です。膣や外陰部に違和感や痒み・痛みが生じた場合・黄色っぽいおりものが出てきた時には、すぐに医者に相談するようにしましょう。

 

その原因は名前の通り膣粘膜が萎縮しているから、卵巣機能が低下し女性ホルモンが減少することで膣内が酸性からアルカリ性に傾いてしまっています。そうなると膣内は乾燥して雑菌が繁殖し、炎症が起こるのです。薬を使って局所的に女性ホルモンを補充してやらねばなりません。そうすれば以前のように陰部が潤い症状が改善されるでしょう。低用量で短期間の投与でよいので、市販薬を使ってでも治せる病気です。

 

性器ヘルペスの原因と症状と対処法
性器ヘルペスは、主に性交渉によって感染するウィルス性の病気です。症状は、ヘルペスウィルスに感染すると性器やその周辺に痛い水疱ができるのが特徴となっています。一般的に、初めて症状が出る時には激痛や悪寒がするほどひどい症状が出ますが、2回目以降はそれほど強く出ないのが特徴です。

 

抗ウィルス薬を塗布するか内服する対症療法となりますが、体力が落ちた時や風邪をひいたときなどに何度も繰り返す病気として多くの患者が悩まされています。性器の接触でうつる病気ですが、オーラルセックスなどをすると口唇ヘルペスからも感染するケースもあるのが実情です。神経にウィルスが潜んでいる限り、体力が落ちるたびに症状が出るのが性器ヘルペスの特徴と言われます。

 

尖圭コンジローマの原因と症状と対処法
尖圭コンジローマというのは、ヒトパピローマウイルスの感染による性感染症になり、肛門などの周りにイボができる病気です。性器にもできるので、皮膚では粘膜に主になりやすいといわれています。
症状としては痒みや疼痛があり、たいしたことがないと放置したり、デリケート部分のことなどで治療が遅れることがあるので注意が必要です。
尖圭コンジローマの原因は性行為によって起こるのですが、コンドームの使用をすることで予防することができます。男性は義務としてつけることを理解すると共に、女性ははっきりと相手の男性にコンドームの着用を求める意志が大事です。そうすることによって、感染を防ぐことができますし、2次被害など拡大の恐れもなくなります。

 

無菌性膣症の原因と症状と対処法
無菌性膣症とは、おりものが生臭くなったり、その量が多くなる、さらに膣の周辺が痒くなるなどの症状特徴です。ただ、性感染症とは違い性行為以外でも発症する可能性があるものです。原因として考えられているのは風邪、ストレスなどで膣の自浄作用が低下したことです。人によっては何度も繰り返して発症してしまうことも珍しくありません。そこで対処法でよく選ばれているのが膣戦場、膣剤、内服薬、軟膏などを利用する方法です。とはいえ、これらはどの場合でも利用されているわけではなく、その人の症状の重さや状態、実際に診察に当たった医師の方針によっても選ばれる方法は変わってきます。基本的には膣剤を利用することが多くなっていますが、内服薬として抗生物質を利用することもあります。外陰部にかゆみが発生している場合は塗り薬も追加で処方される形です。

 

淋病の原因と症状と対処法
淋病は男性と女性で症状の出方などが違うのですが、一般的には性生活によってパートナーから感染してしまうケースが多くなっています。
症状の特徴としては、女性の場合はほとんど自覚症状がないことが多いのですが、例えば陰部が痒くなったり下腹部がいたくなる、膀胱炎や生理の時に異臭がしたり色がおかしいなどのいつもと違うことがある場合は感染している可能性があります。
男性の場合は淋病に感染した場合は、尿道に異常が発生する自覚症状が出るのでわかりやすいといえます。尿道に痛みやかゆみ、海や出血があるときは感染している可能性が高いので要注意です。
男女ともに淋病に感染した可能性があるときは、泌尿器科や婦人科で治療を受ければほとんどの場合ですぐに症状を改善することができます。

 

膣カンジタの原因と症状と対処法
膣カンジタは、性病にカテゴリー分けされていますが、性交の時に感染する以外にも症状が発症するケースがあります。たとえば抗生物質を飲んで膣内の常在菌の環境に変化が起こった場合や、体力が落ちたときに多くの女性が悩まされる病気です。

 

症状は、カッテージチーズのようなおりものが増えて急に膣とその周辺が痒みに襲われます。我慢できないくらいのかゆみに襲われますが、婦人科で抗真菌剤を膣内に挿入するか外用薬を周辺に塗ることで鎮静化します。いったんかかると体力が落ちた時などに頻繁に症状が出るケースがありますが、最近では市販薬も販売されていますのでドラッグストアなどで購入して症状に対応することが出来るようになっています。

 

トップページ